2018/03/13

旧1/100 MarkⅡ 完成


RIMG0186.jpg

出来ましたな(>_<)

次は、去年からの宿題を片付けたいと思います。

失敗したら、ごめんねm(__)m

スポンサーサイト
2018/03/11

旧1/100 β完成、MarkⅡ5


RIMG0183.jpg
RIMG0181.jpg

「ガンプラはガンダムに始まり、ガンダムに終わる。」とマスターグレード以前の、模型に塗装するのが当たり前の時代に言っていた人がいたけれど、アクリルでのMarkⅡの塗装、難しかったです。

エアブラシ塗装におけるアクリルの希釈をうっかり、ラッカーの時の癖で、ラッカーと同じようにやってしまい、スリッパ赤部のマスキング塗装に失敗しました。

以後、気を付けます。

ガルバルディβは、部品請求の手続き後、パーツが見つかり、完成させました。

概して、そんなものです(笑)

ガルバルディβ、6月にHGUCで出ますが、このキットをこの時期に作ってしまったので、要らないですね(笑)

MarkⅡの方は塗装は終わっているので、近日中に完成させます。

このあたりから、大河原バランスから、近年お馴染みの等身に模型が変化していきますが、丁度マスターグレードが発売される10年前くらいの話です。

このMarkⅡの3面図はのちのZZのデザイナーの明貴美加さんが引かれていて、この2年後のドラグナーのOPは大張正己さんが作画されていて、大河原バランスがどんどん崩れ始めていった時代の先駆けです。

ニーチェ風に言うと、この時期、「ガンプラは死んだ」のですが、現代主流のカタチに、こうして蘇ってしまえば何がリアルなのか自分にはわかりません。

一つだけ確かに言えることは、「♪昔は良かったと、ぼんやり言うような大人」に自分はなってしまった、ということですかね?

次は、旧1/100、フルアクションZZと、MGカトキZZを製作します。

この二つのキットを、同時期に製作できるだけでも、生まれてきて良かったと私は思いますね・・・

なんて安い、俺の人生(笑)

こんな自分にも、それでも明日はやってくる・・・

神様に感謝しないといけない、かもしれないですね。


2018/03/09

旧1/100 MarkⅡ 4



嵐の夜に、脚部、塗り分けました。

大変でした。
2018/03/08

旧1/100 β4 & MarkⅡ3



βは残すは、バックパックだけ。

マークⅡの進捗はこんな感じ。

BGMは三枝成章さんのZとZZと逆シャアのサントラ。
2018/03/06

β 旧1/100 3



とりあえず、ここまで。

バックパックの部品が、一部行方不明なので、取り寄せるか在庫を潰すかします。