2017/11/10

タミヤ JS-2製作 6

RIMG0120 (2)
 連結履帯がめんどくさいですけど、脱タミヤを図っていくなら、避けては通れない登竜門ですかね?

 片方完全に接着してから、次に移ることにします。

 もっと、現用ロシア戦車のキットがあるなら、タミヤから離れたくはないのですけどね。
スポンサーサイト
2017/11/09

スクーリング後の世界で


私の夜は、帰ってきたピザポテトと共にある。
RIMG0118.jpg
ダルマの目を片方入れました。
RIMG0119.jpg
まさに、自分のためにあるような、AM11月号特集記事。いつものように、買っただけでうまくなった気が・・・(笑)
2017/11/05

11月はJS-2を再開したい。

 いつから、製作が止まっているか失念するほど、作業が中断していますが、試験の方もなんとなく目途がたったので、ボチボチと再開したいと思います。

白い十字のマーキングをマスキングで塗装する以外は難しいところないと思うんだよね。

並行して、オリジン・ザクの汚し塗装もできたらいいなと思います。

模型よ、私は帰ってきた(笑)
2017/09/12

ロ・ロ・ロ・ロシアン・コレクター

余生

棚見上げながら、昼下がりのコーヒーを飲んでいますわ(笑)

ロシア戦車10個(笑)

他にも、現在製作中のJS-2と、T-72の1/16があります。

「俺、定年したら、毎日、ロシア戦車作るんだ...」

おおよそ、18年後か。

生きていますかね(笑)

ヒトマル式や、ドイツ戦車も買おうかとおもったけれど、ロシア戦車だけでも充分戦える。。。

とりあえず、温泉山さん、11月のスクーリング蹴りついたら、有給取るので、川越とか、行きましょう!

よろしくお願いいたしますm(__)m
2017/07/09

JS-2製作 5

ガタガタ

キット付属の冶具を使って、キャタピラ上部のたわみを表現。

プラスチックの冶具にマスキングテープを張らないで履帯を接着してしまって、冶具と履帯がくっついてしまって、生乾きの時に慌てて剥がしたりしながら作業をしました。

帰宅した夕方以降、キャタピラ全部を本体に接着したいと思います。