2014/10/05

ニュータウンは今

 昨日、ツーリングの帰りに、近所のブックオフで、「ニュータウンは今 ~40年目の夢と現実~」という15年前に出版された書籍を購入しました。

 ずいぶん前の本ですが、団地の高齢化問題や建て替えの問題。なぜ団地の商店街はみな寂れるのかといった、自分に身近なテーマが綴られていたので、興味深く読みました。

 たぶん、あと10年以内にうちの両親も足腰が立たなくなって、今住んでいるエレベーター無し4階から低層階への転居を余儀なくされると思うので、高齢者へのそういった転居への優遇制度についての記述は切実な問題として身につまされました。

 あと、老朽化した共同住宅の建て替えは賃貸住宅のほうが、今うちの団地でやっているような資産価値保全の全体補修工事などは分譲j住宅のほうが、それぞれ有利に進められるといった内容な記事もあり勉強になりました。

 あと、団地内や周辺の商店街に出店するのに有利な業種なども統計に基づいて述べられていたので参考になりました。

 やはり、うちの団地の商店街に模型店を出店するのは難しいかな?と思いました(笑)

 200円でこれだけ勉強できるなら、たまの読書もいいものですね。
スポンサーサイト
2014/09/25

懐古主義モデラー古書店を巡る

 今月のおのぼりさんは、秋葉原→中野→渋谷の順で、ま〇だ〇けを巡ってきました。

 80年代半ばから00年代初頭くらいのホビージャパンを中心に、サンライズ・リアルロボットの特集号をメインで買いあさりました。

 まさしく、自分の青春がそこにはありました。

 俺が模型誌に求めていたのはこの熱さなんだよなと。

 没稿になった永野版ZZガンダムのフルスクラッチ記事や、1/60のインジェクションキットのイングラムの改修記事。

 ブラッドサッカーやラビドリードッグのフルスクラッチ記事。

 旧1/100キット改修中心のZガンダム初期MS群の記事。イデオンの記事などもありました。

 興奮して夜も眠れません。

 昼から仕事なので、朝食後仮眠が取れるといいのだけど。

 何か一つくらいは完コピしたいものだ。
2012/04/18

麦の海に沈む果実

 恩田陸さんの「麦の海に沈む果実」を読んだ。この人は本の中に確固とした世界を築くのが上手い人である。すっかり今回も高校生になった気分を味わってしまった。 

 もし、自分が刑務所か合宿免許の教習所に通うことになったら、恩田陸さんの小説を数冊持っていく。この人の本を読むのに外の世界は必要ではない。3度の飯とこの人の小説があればいい。

 おかげで、自分は夢の中ではいまだに高校すら卒業できない。困ったものである。
2012/04/13

陽だまりの彼女

 半年ぶりくらいに、小説を読みました。新潮社文庫の越谷オサムさん著の恋愛小説です。とても面白かったです。

 現在、本屋に平積みされていて、なかなか人目をひく装丁がされているので、本を表紙で買う(?)人は見かけたことがあるかもしれません。

 萌え絵ではないのでご安心を。買うとき、なんか女性の店員さんもいつもより優しかったし(笑)

 あんまり、ネタバレを書いてしまうとあれなので、ヒントとしてはこの作品は、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作家さんの作品です。

ひだまり
2011/08/03

やさしい中学数学 2

 数学は難しい。同時に読んでいる「もう一度読む山川政治経済」がライトノベルのように感じるほど数学は難しい。

 ようやっと、中学2年生まで終わったところです。目標の3分の2までしか到達していませんが、願書出してきました。学校は思ったより近かったです。あと20日あまりで試験問題が解けるレベルまで持っていきます。

 政治経済は出題されないようですが、行政書士とか受ける時に使えるかな?ということと息抜きで読んでいます。理数系の問題はまったくダメだが・・・