2011/01/27

中古キットと私

ダンバイン 今昔

 ケンタパパさん先日はありがとうございました。おかげで電車にむき出しの1/24ダンバインのキットを抱えて乗らずに済みました(笑)3DS良かったですね。諦めないといいことありますね。

 自分は中古模型屋さんを巡り歩くのが趣味で、ここ数年よく利用していたお店が近所にありました。自分が模型趣味を続けてこられたのもそのお店のおかげだと思っています。どうやって商品を仕入れているのだろう?と不思議なくらい品揃えが豊富で、いつも行くたびに新しい発見がありました。残念ながらこの23日に閉店されてしまいました。左側のダンバインはそのお店の閉店セールで購入したものです。

 最近はネットオークションが文化として根付いてきて、昔はよくありがちだった取引におけるトラブルなどネガティブな情報があまり表立って取り上げられなくなりましたが、自分は古い人間なので売主の顔や責任が見えない売買はどうも苦手で、実店舗のあるそのお店の存在はありがたかったです。

 プラモデルというジャンルは中古商品の値段が付けづらいと思います。金型が残っていれば再販出来るし、再販やリニューアル化されないアイテムは人気がないとうことで死に在庫になる確率が高いと思います。自分はそうした商品で価格の下がったものを買って来て作ることで模型趣味を続けてきました。、業界やお店にとってはサバンナにおけるハイエナのようなものだったかもしれません。

 でも、新商品が発売されたときの購買欲を我慢しているとその商品の値段が下がる現象は偶然ではありませんでした。人気のある商品はいずれ供給過多で在庫が溢れ、売れ筋では無い物は全く商品が動かず流通価格が下がります。新商品を買い漁るほど経済力があるわけでもないし、流行している物を作り続けるには歳をとり過ぎました。むしろ、古いものを手間をかけて作るのが楽しかったりもしました。だから現状維持でわりと満足でした。

 でも、これからはネットオークションを頻繁に利用したり、即売会などで出品されている中古商品をチェックするためにイベント会場に出向かないといけないかもしれないですね。どちらも苦手ですね。

 古くて安い物を作り飛ばすライフスタイルを改めて、最新の技術の粋を集めた高価な新製品をじっくり作るようなスタイルに変えていかないといけないのかもしれないですね。

 まあ、シャオ・グウは積んでいるキットであと10年は戦えますが、その頃には老眼が進んで模型が作れなくなっているかもしれないですね。

 最後に。マニスポさん、お疲れさまでした。長い間自分の趣味を支えていただいてありがとうございました。再出発頑張ってください。
スポンサーサイト

コメント

残念ですね

ああいう実店舗がなくなっていくのは寂しい限りです。

私は特にプラモやフィギュアなどは、モノを直接見てから買いたいので、ネットだと手が出にくいんですよね。

「店内を見回しながら、掘り出しものを見つける楽しみ」が失われるのは、残念なところです。
非公開コメント