2010/03/19

もう一度読む山川世界史

 一日模型製作に割くつもりで日程を空けていたのですが、かなりバテていたので大事を取って読書についやしました。ですが、一昼夜で一冊一気に読んでしまいかえってバテてしまったという笑えない話です。夢中になって読んだというより意地になって読んだと言う感じです。
 読んだのは「もう一度読む山川世界史」という本で教科書のような本ですが、多分これで学習しても入試では点は取れないと思います。それだけ完全に読み物になっていました。だからこそ妙な引っ掛かりなく一日で読めてしまうのかもしれませんが。
 感想としては、とても面白かったと思います。日本史も買うかどうかは分かりませんが、落ちこぼれの自分としてはこうした読み物は増えて欲しいなと思いました。いくつになっても勉強はできると信じたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント