2011/10/08

ローマの休日

 WOWWOW、オードリー・ヘップバーン特集を飾った名作「ローマの休日」を観ました。

 グレゴリ-・ペックの演ずる新聞記者の心情の変化と、王女としての自覚に目覚めていくオードリー・ヘップバンの成長とかが見所なのかもしてないが、何よりもお忍びの観光でハメを外すお姫様のおてんばぶりが可愛い。

 いいんですよ。このブログではどんな名作でもそういう見方をします。それでいいんです。

 ケンタパパさんコメントありがとうございす。おすすめのイングリッド・バーグマン、まずは「カサブランカ」から観てみたいと思います。他にオススメの作品がございましたら教えてください。

 シャオ・グウの休日は、模型が出来そうもなく、宿題と予習と復習の休日になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント