2010/04/16

とあるガールズバンドの解散について

 5年ほど前、人気絶頂の中解散したアイドルグループがある。メンバーそれぞれのその先の進路希望の違いが主な解散の理由だが、その中の歌うことを忘れられなかった一人の少女が事務所の後輩を引き連れてとあるバンドを結成して、おおよそその1年半後に再デビューを果たす。

 デビューライブの出来は惨憺たるものだった。しかし彼女たちのファンは温かい拍手でアンコールコールを繰り返し、持ち歌の少なかった彼女たちは同じ曲を何度も繰り返し歌うことでその声援に応えた。

 地道に音楽活動を続けていた彼女たちだが、バンドのドラマーを務めていた少女にある異変が襲う。彼女はパフォーマンスの際に腕を襲う激痛のためにこれ以上音楽活動の続けられない体になっていた。

 彼女たちは一つの決断を下す。再び解散である。現在の6人のメンバー以外での活動は自分達ではないと。

 2010年4月3日、彼女たちは東京では最後になるステージに上がる。4年前とは打って変わった最高のパフォーマンスを客席と一体となって魅せる。これでもう最後だと思うと残念でならなかった。

 明日、4月17日の地元札幌でのパフォーマンスで本当に最後の活動になるという。4年間本当におつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント