2012/04/18

麦の海に沈む果実

 恩田陸さんの「麦の海に沈む果実」を読んだ。この人は本の中に確固とした世界を築くのが上手い人である。すっかり今回も高校生になった気分を味わってしまった。 

 もし、自分が刑務所か合宿免許の教習所に通うことになったら、恩田陸さんの小説を数冊持っていく。この人の本を読むのに外の世界は必要ではない。3度の飯とこの人の小説があればいい。

 おかげで、自分は夢の中ではいまだに高校すら卒業できない。困ったものである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント