2012/08/07

MGマラサイ製作記 5


2.jpg
3.jpg

 ラッカーつやあり塗装の吹きっぱなしですが、一応形にはなりました。

 自己満足ですが、質感がいいので気に入ってます。今回はこれで完成でもいいかな?

 自分は天邪鬼なので、リニューアルキットは斜めに見るくせがあるのですが、MGマラサイはとても気に入りました。

 また、機会があったら作ろうと思います。

 隣の青いのはゼータでシロッコ初登場時に出てきた「こんな旧式」仕様に塗ったザクキャノンです。

 キットの元になったフレームが同じなので並べてみましたが、特に意味がありません。

 マラサイの胸部のフレームをザクver2.0の派生キットに流用すると、マラサイのLEDユニットを仕込むことが出来るかもしれませんね。

 やりませんよ。普通ザクはモノアイ、ピンクですから、一個余っている緑のLEDは使えませんから。

 次は、リハビリとしてBRZを作ります。

 まだ、カーモデルを完成させられる根性が残っているといいんだけど。

 
スポンサーサイト

コメント

マラサイって

こんなに凛々しいのですね。先日、大阪城で武士の合戦の模型を観てきたので、余計そのように感じるのかもしれません。シャオ・グウさんが気に入っているのもわかる気がします。

次回はBRZですか。こちらも楽しみにしてます。。。

ありがとうございます

 コメありがとううございます。

 マラサイの頭って甲冑みたいですものね。うちの弟は「赤いゴキブリ」だといいますが・・・

 オリンピックを見てしまい、寝つけずにいるので、BRZの説明書とにらめっこしています。

 男子サッカー残念でした。女子に期待です。
 

No title

Good Job!
相変わらずいいできですね。

悪の道へのお誘い

ひひがさん、いつも読んでくれてありがとう。嬉しいです。

成形色の明るめのスナップフィットのキットで、合わせ目処理の必要のないものだと面白いかな?と思う簡単塗装があります。


塗るときは多少表にはみ出し気味でもいいので、パーツの裏につや消し黒を塗ってあげると仕上がりが引き締まった感じになってくれたりします。

 充分乾燥時間を取ってあげて、表にはみ出したつや消し黒を、綿棒に含ませたシンナーで吹いてあげたり、番手の大きいペーパーで軽くやすってあげたりするといいかもしれません。

 RGなどの精度の高い模型で、接合部にかかる感じで塗ってしまってかっちり感がでるかはまだ試していないですが、完成したものを全身スミイレするよりはストレスがないかもしれません。

組んでしまった後でキットを汚したくない、でも成形色の透け感に模型としての違和感を感じるという方におすすめです。


アクリルのつや消し黒と面相筆と、1000番くらいのペーパーか、ラッカーシンナーの小瓶と綿棒があれば、簡単にできます。

以上、悪の道でした。 
非公開コメント