2012/11/12

フットサル

 フットサルW杯。トゥ・キックにかかわらずモーションの小さいシュートというのは取りづらいんだなと思いました。

 サッカー未経験者の人とミニゲームをやると一番困るのがトゥで蹴ってしまうこと。W杯の人ならともかく、コントロールして思ったところに蹴るのがなかなか難しい。なので、選択がドリブルからのトゥ・キックのシュートしかなくなって、まずパスゲームではなくなる。

 でも、トゥ・キックでたまたまコントロールされた強いシュートを蹴られると、まずコースが読めないので取れない。それで他の蹴り方を覚えてくれない人も中にはいる。お前、俺のシュート取れなかったじゃんとか言って。腹立つ。

 でも、フットサルではミドルレンジから入っているのはドリブルからのトゥ・キックの確立が高いのではないかと今回W杯を観てふと思いました。

 きちんと、接触プレーやファウルなどを取ってくれる審判や指導者を育成すれば、サッカーよりフットサルの方が日本人には合っているのかな?とか思いました。

 ダメだ。夜中にフットサル見ても悪い思い出しか蘇らない。寝よう。


 模型はパオングをお休みして、人生初メタスをやりたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント