2010/07/22

大阪で生まれた女



 半日で作れるフィギュアコース、センチメンタル・グラフティ4体目、大阪市在のスポーツ少女住森井夏穂です。大阪で生まれたかどうかは知りませんが、ライバル(?)の京都在住の弓道少女の綾崎若菜と目線を合わせてみました。

 シリーズ唯一の湊川あまは先生の原型で、今まで作った中では一番キャラクターの雰囲気が出てると思います。夏穂が完成してから同包の沢渡ほのかのパーツを検品するまではテンションが高かったものです。セングラのキットは2体1セットなので。問題の沢渡ほのかは、ほのかの左足の代わりにに若菜の右足が入っていました。

 で、沢渡ほのかは左足一本自作することになります。すぐにはしないですよ。ひょっとしたらどこか別のキットにほのかの左足が入っているかも知れませんから←それはないです。あったとしてもそのキットが自作になります。

 ツクダホビーって、もう会社ないですよね?昔なら会社に連絡すれば代わりに正しいパーツ送ってくれたのにね。中古キットってこれだから怖いですね。

 なんかねそろそろタミヤかなんかの硬派のキットをやりたいですよね。最近自分がどんどん汚れていっているような気がするんですよ。とりあえず、ロータス79でも買ってみようかな?買うだけじゃ全然ダメですけどね。

 マックス機(違う!)は白ストライプが完全に色が定着していていなかったのでもう1回重ね吹きしました。明日の朝まで様子を見て次の作業を考えたいと思います。その次というのは、簡単に言うとキット付属の白ストライプのデカールをカラーコピーしてマスキングテープの型紙を作るんですけどね。

 今週末はラーメン会です。上手くすれば、その午前中にマスキング作業ですね。なかなかサクサクとは作れません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント