2014/08/15

プロ絶ニッパー使用感

 フルアクション・オージェのブラウン部のパーツを、ミネシマ薄刃ニッパーとボークスプロ絶ニッパーで切り比べて見ました。

 切れ味はいまのところ同等、使い勝手は薄刃ニッパーの方がいいかな?という感じですね。

 正直、プロ絶ニッパーは薄刃ニッパーの倍するのでそれでは困るのですが、それなりに面白みがあるので今回は許そうかなと思っています(笑)

 薄刃ニッパーは爪切りのようにパチンと切れ、プロ絶ニッパーはナイフのようにスーッと切れます。

 プロ絶ニッパーに慣れていないので、そのせいだと思いますが、ゲート以外の所に刃が当たってしまいパーツをキズつけてしまいました。

 やはり、プロ絶ニッパーは刃物なんですね。気を付けないと。

 塗装する予定のオージェはプロ絶ニッパーに慣れるために使用し、未塗装予定のキュベレイはキズをつけたくないので薄刃ニッパーを使用することにしました。

 せっかく買ったので、使いこなせるようになりたいですね(^^)/
スポンサーサイト

コメント

No title

シャオ・グウ様

こんにちはプロ絶ニッパー使用感ありがとうございました。
ネットで探してもレビュー的なものが異常に少ないんですよね。

上京できなかったのは残念でした。
(アルティメット購入できるかな?と思っていましたので)

ブログ更新楽しみにしています。

ありがとうございますm(__)m

うえ様

 明日、本厚木での私用が済んで時間に余裕があったら、新宿まで行ってこようかと思っています。

 アルティメットニッパーあるといいですね(^^)/

 その後、プロ絶ニッパーは切るのが面白くなってしまい、フルアクション・オージェのほとんどのパーツのゲートを切ってしまいました。

  個人的にはあの独特なグリップがツボです。

 ただ、手元が固定されてしまい、パーツの方で向きを変えないと、任意の角度で切れないのが難点ですけどね。

 やはり、刃物なので手元が滑ると危ないという配慮なんでしょうね。

 いろいろと研究してみますm(__)m
非公開コメント