2015/04/16

海洋堂 1/8 真宮寺さくら 1

 リハビリ第2弾として、前回の木之本桜に比べて、少しだけ塗装が難しめのフィギュアをもう一体作ろうかと思います。

 値段は中古だったし、安かったんだけどね。

 テーマは「マスキングで塗装面を剥がさないように、下地をしっかり処理して作る。」

 今回作る、真宮寺さくらは、演じている声優さんの声が好きで、こっそりとキットを集めていました。

 以前、セガから出ていた、プラキットのさくらのフィギュアを完成させたことがあります。

 今回作るキットはレジンキットで、現在、ジョイの水溶液に漬けてあります。、型抜きの際に付着する離型剤を落としているのです。

 一昼夜漬けて、クレンザーを付けた古歯ブラシで磨いたあと、600番の紙やすりをかけて一皮抜いて、完全に離型剤を落とす感じです。

 今回は、そこまでやったら、何か市販の離型剤落としの薬品も試してみるかも知れません。

 離型剤落としには、オートバックスなどで売っている、車のブレーキ用のクリーナーなども使えます。

 サクラ大戦もゲーム、1~4買ってしまったのでボチボチとやりたいですが、時間がねぇー(@_@;)

 このブログは今更、日本一セガを応援しているブログです(笑)
スポンサーサイト

コメント

ブレーキクリーナー

そんな使い方もあったんですね。(笑)

食器乾燥器といい、模型を作られる方々の流用力はすばらしいなあと思いました♪

No title

 ブレーキクリーナーは、プラモデルには使えないので、気を付けてくださいね(@_@;)
非公開コメント