2016/02/06

バルブド=カイゼスを作りたい 2

ガンダムフレーム
可動部を移植するために、、HGガンダムバルバトスを購入。

少し加工すれば、首、肩、腰、股関節、足首などは使えそうだが、肘や膝の関節はやはりデザインが全然違うので、移植できないかな。

絵でみると、肘は2重関節ではないかもしれませんし、膝も強度さえバルブドのままで問題無ければ移植しなくていいかも?

先に、カイゼスとバルブドの相違点を工作して、可動部の移植手術は後回しにしようかなと思います。

まずは、バルバトスを組んでみますか・・・
2016/02/04

バルブド=カイゼスを作りたい 1

カイゼス
バルブド

「バルブド=カイゼス」 自分の一番好きなヘビーメタルなんですが、元になる、バルブドというキットを改造するのが一番手っ取り早いんですがね、

このバルブドのキット自体がなかなか再販されなくて手にはいらなかったんですよ。

今回、駿〇屋さんで在庫を見つけたので、購入しました。

並みのバルブドさんと違うところは、色と頭、胸、シールドくらいなので、根気よく成形すれば、やってやれないことはないかと思いますので、セミスクラッチ、頑張ってみたいと思います。

可動部を最新のマテリアルに置き換えるくらいのことはやりたいですが、無理をしない程度で。
2014/12/26

HG オリジナル・オージェ購入

オージ

30周年用に今更ですが、エルガイムのラスボス、ハードオフで買ってきましたよ。

 ヘビーメタルコーティングじゃない通常版の方です。

 2月の末までに組めるといいな。

 ゲルググの次くらいに。

 「復讐を、完成させた?」
2014/12/04

何か手が動かないねぇ

 たまの休みに塗装がしたいんだけど、何か手が動かないねぇ。

 明らかにこの数か月で、模型用ラッカー・シンナーがない生活に体が慣れてしまった感じ。

 サーフェイサーすら吹く気がしない。

 こういうことを書くと、健康的でいいじゃないか?と言ってくる人間がいるが、実はこういう人が苦手。

 ついでに言うと、久々に会うと人の体重の話ばかりしてくる人も。

 体重が減るということは、それなりの環境の変化や体に負担になっている可能性があるかもしれないのに、そういうところには全く気が及ばない。

 例え、ストレスで激やせしていても、そういう人は「非常に健康的だね」と何故か褒めてくれる。
 
 体に出てしまったり、今までやっていたことが出来ないというのは、応分のストレスがかかるものなのだ。

 反論すると、せっかく気を使ってやっているのにと、逆に怒られてしまう。

 会うたびに人の見た目の話ばかりする人の、どこが気を使っているのか?と思うのだが・・・
 
 話を元に戻すと、実はアクリジョンが非常に使いづらい。

 塗装禁止になっていたのをきっかけに、ラッカーからアクリジョンに切り替えようと思ったのだが、ラッカーの使用どころか、模型自体の塗装が出来なくなりそうな勢いだ。

 しかもこのアクリジョン、扱いが難しい上に、用具の洗浄はラッカーシンナーでしないといけないというところも片手落ちだ。

 自分は、模型用ラッカー塗料の使用でハイになったりしないので、同列に扱われたり、そういう意味で思われたりすると困るのだが、あえて言わせてもらうと、ラッカーとアクリジョンとの違いは、ビールとノンアルコール飲料と同じくらいの差を感じる。

 その意味するところつまりは、健康的という思想な何かと引き換えに伴う苦痛なのだ。

 人が今までの自分を変革しようと行動をすると苦痛を伴う。
 
 仕事や健康面で致し方がないものなら我慢するが、ストレス発散する趣味で使うアクリジョンにそれを求めるのはどうなのか?

 やはり自分も長生きしたいので、もう少し扱いやすいといいのだが・・・

 せめて、来年の2月の末にオージェが完成するまで我慢して使って、「アクリジョン?へっちゃら!」と言えるようになりたいものだ。

 でも、全く手が動かないねぇ(泣)<以下ループ> 
2014/11/30

フルアクション・オージェをアクリジョンで塗装したい 1

 エルガイム30周年記念制作として、フルアクション・オージェを製作したいと思います。

 勝手に30周年を課しているだけなので、作れなくても誰にも怒られないけれど、最終回放送日から計算して30年になる2015年2月最終土曜日までに作れれば嬉しいですかね。

 テーマはアクリジョンのエアブラシ塗装。今月号のモデルアートで特集されていたので購入してきました。

 本当はガンプラ付録つきの電撃ホビーマガジンを買いにいったのですがね(笑)売り切れでした・・・

 専用薄め液の適正希釈比率が15%。これはどうも上手く塗れないはずです。

 まあ、とりあえず、「シャオ・グウにフルアクション・オージェを作らせてはならぬ」とミアンに言われぬよう頑張ります。

 勝手に、ドリーマズ・アゲイン!