2018/02/11

週刊 1/48 タカラ ダグラムを作る 2号



週刊 急ぎ働き、始まりました(笑)

脚なんですけど、組付けるとき、フレームの向き気を付けないと、完成時のバランスがエライことになりそうですね。

説明書に一応、説明書きと絵図はあるんですけど、はっきり「向きに注意」と書いていないのでわかりずらいですかね?

35年近く前のキットなので、今更ですが(笑)

写真よりも実際に組んでみて、立体として見たときに、良さが伝わるタイプの模型かもしれないですね。

頑張りましょう‼
2018/02/08

週刊 1/48 タカラ ダグラムを作る 創刊

今度は、週刊になるかもしれない(笑)
RIMG0124.jpg

6000円前後したので、もったいないかもしれませんが、同スケールのレジンキットに比べればはるかに安いし、MAXさんから、同スケールのものが出ても、6000円を超えるような気がするし、本当に出れば投機的価値はなくなるので、作ってしまったほうが楽しいかな?と思いました。

保存状態がいいデカールが入っていたので、コピーして自作することが出来れば、いわゆる「プラモデルデカール劣化問題(?)」が解決するかもしれないですしね。

それで、17年物の複合機を買い替えることになったら、マジ週刊化ですね(笑)

キットは素組みして、タミヤアクリルでエアブラシ塗装する予定です。
2018/02/07

週刊 リアルタイプザクを作る 最終号


半年ぶりくらいに、トランクルームに行ってきました。しばらく在庫を消化するように努めます。

欲しいもの、すでに持っている可能性があります(笑)
いやあ、ほぼ日刊だったね(笑)

おかげさまで、完成しました。

リアルグレードとリアルタイプ、最新のハイグレードの競演です。

リアルタイプ、指定色がないところから始めましたが、イメージ通りですかね?

使ったモノ

キット、エアブラシシステム、水、バケツ、アクリルシンナー、タミヤアクリル、換気扇、マスキングテープ、セロテープ、カレンダーの紙、タミヤリモネンセメント、タミヤセメント流し込みタイプ、瞬間接着剤、ニッパー、デザインナイフ、紙やすり、クラフトやすり平、はさみ、洗濯ばさみ、目玉グリップ、割りばし、(デカール用)皿。

ぐらいですかね。ピンセット、マークソフター、ラッカーパテの類は一切使っていません。

誰でも作れるといはいいませんが、特別な技術、道具が無くても作れると思います。

リアルに必要なものは製作意欲ですかね?

製作意欲があれば、エアブラシシステムは揃えられると思います、と最後は無茶ぶり(笑)

大変失礼いたしましたm(__)m

この世から、模型が無くならないように頑張りましょう⁉
RIMG0145.jpg
RIMG0146.jpg
A







2018/02/06

週刊 リアルタイプザクを作る 3号



「夕刊の間違えじゃない?、朝も更新していたぞ」

タミヤアクリルのXFの番台でエアブラシ塗装すると、ラッカー並みの作業時間で塗装出来るね。

もちろん、そんな急ぎ働きは、しないほうがいいですけどね(笑)

連休中に仕上げたかったので、失礼しました。

デカールをあと一日かけて貼りたいと思います。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
2018/02/06

週刊 リアルタイプザクを作る 2号



「日刊の間違いじゃないの?」

一回目の合わせ目消し後、下地にタミヤアクリルのリノウム甲板色を吹き下地にして、ディープグリーンを基本色として吹きました。

黒部はガンメタルを予定していましたが、店頭在庫が無かったので、ダークアイアン吹いています。

胸部はカーキードラブを吹く予定です。

とりあず、作業済みのパーツは夕方まで寝かせて、明日以降2回目の合わせ目消しが出来るようスケジュールを組んでいこうと思います。